お知らせ

11.歯周病と8020(その2)



今ご自分の歯が何本あるかごぞんじでしょうか?
8020を目標に歯を守っていくには自分の歯の状態を知っておくことがスタートラインです。
自分の歯の数がわからない方は、いますぐ本数をかぞえてみてください。
下の表は平成17年の歯科疾患実態調査の結果です。年代別の歯の残存歯数の本数です。

年令区分

トータル

男性

女性

20~24歳

28.8本

29.3本

28.3本

25~29歳

29.1本

29.4本

28.9本

30~34歳

28.6本

29.0本

28.3本

35~39歳

27.9本

28.3本

27.7本

40~44歳

27.5本

27.6本

27.4本

45~49歳

26.4本

26.3本

26.4本

50~54歳

24.8本

24.4本

25.1本

55~59歳

23.6本

23.7本

23.5本

60~64歳

21.3本

21.7本

21.0本

65~69歳

18.3本

19.0本

17.8本

70~74歳

15.2本

15.3本

15.0本

75~79歳

10.7本

11.9本

9.8本

80~84歳

8.9本

10.6本

7.8本

85歳~

6.0本

7.3本

5.3本


いかがでしょうか?ご自身の成績(残っている歯の数)は平均にくらべてどうですか?
平均あったからよかったとはいえません。なぜなら平均の状態では8020は到底、達成できないからです。

8020を目指すなら平均では無理です。現在の平均値は80歳で約10本です。
しかし歯周病対策をしっかりして定期的なメインテナンスを受ければ8020は達成可能です。
ぜひかかりつけの歯科医院をつくり8020を目指してください。

まだかかりつけの歯科医院をお持ちでない方はお気軽にご相談、ご予約ください。
あなたの大切な歯を守るためにサポートしてまいります。