お知らせ

小児矯正のご案内


小児の矯正は開始時期がとても重要なことをごぞんじですか?

小児矯正は治療のスタートが遅れたらきれいに並べるために歯を抜く可能性が高まり、経済的、身体的精神的に負担が増えます。

子どものきれいな歯並びの獲得は、実際に目で見える形で残してあげられる、両親の愛情を伝えることができるすばらしいプレゼントです。大人になってから矯正するよりも成長期に治療を済ませておくほうが多くの点でよいことは言うまでもありません。

しかし、子ども自身が自分から矯正したいという年令になってからでは残念ながら開始時期が遅くなり、歯を抜いての矯正治療になってしまうケースが多くなります。

実は小学3,4年生ごろが小児矯正(咬合誘導)の最適なスタート時期なのです。

完全に永久歯に生え換わる前に始めるのが理想的です。そうすれば歯を抜かないでもきれいにそろう場合が多いのです。また全体矯正が不要で部分矯正だけで終われることもあります。

開始時期が遅くなればなるほど本格的な矯正治療が必要になってきます。それに伴い費用も増します。

小児矯正は早期の咬合誘導を行い部分矯正だけで完了すれば経済的、時間的、身体的、精神的なストレスも軽減します。

近年の調査では歯列矯正が必要な子は2人に1人とも言われています。あごの発育と歯の大きさがアンバランスでガタつきや噛み合わせの異常を持つ子が昔よりも増えてきているのです。

どうか子どもさんが成長されてから

「子どもの時に矯正しておけばよかった」、「なぜ歯列矯正してくれなかったの?」と

言われないように、後から後悔されないように、せめて相談だけでも受けてみてください。

矯正する、しないは子どもが決めることではなく両親が決定するべきとても大切な決断です。

虫歯のないきれいな歯並びは実際、一生の財産になります。歯列矯正は一生に一度のことですからきれいな歯並び、良い噛み合わせになることの価値について十分、検討されることをお勧めします。

 以前、歯並びがわるいのを気にして普段からあまり笑わない女の子がいました。

その子が高校生になってから思い切って矯正治療をして歯並びがよくなってからは自然に笑顔がこぼれ、とても明るい子にかわりました。

「こんなことなら、もっと早く矯正して治しておけばよかった」と言っていました。

スタートが遅れてお子さんの負担が増えないように、是非、ベストのタイミングで歯列矯正を受けさせてあげてください。歯並びの善し悪しが性格や行動にまで影響を与えることもあるのです。

子どものきれいな歯並びは両親だけが残してあげられる素敵な贈り物です。

成人の矯正治療がここ数年増加していますが、これは子どもの時に矯正を受けなかった人が、成人後に自分の意思で歯並びを治したくて矯正治療をしているのです。裏返せば、本当は成長期に歯列矯正しておけばよかった(矯正するべきだった)子どもたちがたくさんいるということです。

矯正治療を成長期に済ませることには数多くのメリットがあります。子どもが成長してから矯正したことを感謝される点は教育などに似ています。

お子さまの矯正治療が必要かどうかの情報提供、診断は責任をもって正確に行います。それを聞いていただいてから実際に矯正治療を受けさせるか、受けさせないかの最終決定はご両親が決めることなのです。

 まずは一度、矯正相談をお受けになることをお勧めします。ベストのタイミング、開始時期を逃さないために矯正相談が最初の重要ポイントになります。マラソンと同じで、スタートラインにつかない限り、ゴールはありえません。

当院では矯正相談料は無料ですのでお気軽にご相談をお受けいただけます。
TEL:0797-38-4182