お知らせ

歯列矯正の必要な歯並びについて


矯正治療が必要となる不正咬合、歯並び、かみ合わせには以下のようなものがあります。

1.八重歯 もっともよくある不正歯列です。歯がきれいに並ばず最後に生えてくる犬歯が外に大きくはみだしドラキュラみたいになります。欧米では特に嫌われる歯並びで絶対に治療を受けさせるのがこのパターンです。

2.出っ歯 文字通り上の歯が出ているパターンです。鼻がつまりやすい子は口をあけている時間が長いので上の歯が出やすい傾向があります。

3.受け口 出っ歯の逆で、下の歯が上の歯よりも前に出ているケースです。受け口はできるだけ早い時期から治療するほうが治りやすいです。上の一番前の大人の歯が生えてきて、もし下の歯よりも後ろになるようであれば治療開始することをお勧めします。また乳歯歯列期ですでに受け口の場合は要注意です。

4.過蓋咬合 これは上下が咬みすぎている場合で非常に咬みこみの度合いが強いパターンです。咬んでいる状態では下の前歯がほとんど上の歯に覆われ見えません。ふつうは下の前歯の3分の2程度が見えます。過蓋咬合はあごの関節に異常が出やすいので注意が必要です。

5.開口 開口とは咬んでも上の歯と下の歯が届いておらず前歯の上下すきまがあいている状態です。麺類などが噛みにくく見た目にも問題があります。

6.突き合わせ ちょうど上下の前歯の先同士がぴったり当たるかみ合わせで受け口の一歩前の状態です。受け口ほど目立ちませんがやはり矯正治療される方が多いです。

7.空隙歯列 八重歯の反対であごの大きさにくらべ歯が小さく歯と歯のあいだにスキマがあいている状態です。とくに上の前歯の中央にスキマがある場合はとても目立ちますから是非、治療を受けさせてあげてください。

8.交差咬合 奥歯のかみ合わせが上下逆になっている状態です。前歯の逆転しているケースでも交差咬合と呼ぶこともあります。奥歯のかみ合わせは気がつきにくいので注意が必要です。

9.埋伏歯 これは永久歯が自然に生えてこないケースです。装置をつけて引っ張り出して本来の位置に導いていきます。外科的な処置も必要になりますから口腔外科を紹介する場合もあります。

10.顎変位 これは骨格的にあごが前後、左右に変位している状態です。通常の矯正では対応できないことが多いので外科手術+矯正(外科矯正)が必要になります。当院では対応できませんので専門医をご紹介いたします。

以上のように不正歯列には多くの種類があり、単に歯並びのがたがただけではありません。上の歯並び、下の歯並び単独ではきれいでも上下が噛みあってない場合などは不正な状態に気がつきにくいので注意してあげてください。

もし歯並び、かみ合わせで気になること、心配なことなどございましたらお気軽に無料矯正相談をお受けください。