お知らせ

11.虫歯とシーラント



「シーラント」という言葉をお聞きになったことがありますか?
「シーラント」とは乳歯、永久歯の奥歯のかみ合わせの溝をプラスチックの材料で、
あらかじめ塞いでおく虫歯予防の方法です。
生えたばかりの歯はまだ成熟しておらず硬さが十分ではありません。
かみ合わせの溝の部分は複雑で非常に狭いため特に虫歯になりやすいのです。
歯ブラシの先よりも溝の巾のほうが狭いため物理的に内部に入ったプラークを除去できないのです。ですからその溝を守るために溝を封鎖するシーラントは有効な方法です、保険が適用されるのでそれほど費用もかかりません。

注意点としては時々シーラントした材料が欠けたり、取れてしまうことがあります。
そのままにしておくと虫歯になりやすい原因にもなりますから早めに再度シーラントする必要があります。そのためには定期的な検診でシーラントが欠けたり、取れたりしていないかのチェックを要します。

もし子供さんにシーラントをご希望の方がおられましたらお気軽にご予約、お問い合わせください。

フッ素とシーラントを併用して利用すると虫歯になりにくくなりますからぜひ受けさせてあげてください。