お知らせ

6歳臼歯について その1



6歳臼歯とは正確には第一大臼歯といって前から6番目の大きな奥歯のことです。
一般に6才ごろに生えてくることが多いので通称、6才(6歳)臼歯と呼ばれています。

でも生える次期は個人差がかなりありますので満6才よりもっと早くに生えることもあれば
ずっと遅くまでなかなか生えないこともあります。

ですから6才なのに生えてこないと心配する必要はありません。
逆にまだ6才になっていないのに生えてきてももちろん大丈夫です。

6才臼歯の特徴として乳歯の生え代わりの歯ではないことが1つ挙げられます。
また一番最初に虫歯になりやすい永久歯でもあります。

その理由は6才頃のまだ自分ひとりで上手に歯磨きできない時期に口の中の
一番奥に生えてくるからです。生えてきたのに気がつかない保護者のかたもおられます。

奥の方は大人でもなかなかきれいにすることが難しいのですからこどもにとってはなおさら困難です。親による仕上げ磨きがぜひとも必要です。

また歯の構造的に6才臼歯の咬み合わせの溝がとても深いことも虫歯になりやすい一因です。
溝の幅はふつうの歯ブラシの先よりも狭いので物理的に溝の内部はきれいにすることはできません。
そのために咬み合わせの面の溝の部分が一番最初に虫歯になりやすいのです。

これを防ぐにはシーラントが有効です。ぜひ6才臼歯が生えたら
できるだけ歯医者でシーラントしてもらってください。シーラントとは予防充填といって
歯を削らずに虫歯になりやすい溝の部分を予防的に処置する方法です。

シーラントをご希望のかたがおられましたらお気軽に当院までご予約、お問い合わせください。